【2024年5月】4Kのモバイルモニターおすすめ11選

おすすめ

画像や映像を美しく表示できる4Kのモバイルモニターは、クリエイティブ系の編集作業や、動画・ゲームを美しい映像で楽しむのにぴったりです。

この記事では、精細な映像を楽しめる4Kのモバイルモニターのおすすめ製品を厳選紹介しました!

モバイルモニターの選び方のポイントも合わせて紹介しています。4Kのモバイルモニターに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

4Kモバイルモニターの魅力

まずは、4Kのモバイルモニターの魅力をお伝えします!

最高クラスの美しい写真・映像を楽しめる

出典:Amazon

4Kは、市販のモバイルモニターの中では最高クラスの解像度です。4Kのモバイルモニターを使えば、最高クラスの美しい画像や映像を映し出すことができます

解像度とは、画面を何個の点で表示するかを決める値で、値が大きいほど高解像度となります。

4K(3840×2160)は、一般的な解像度であるフルHD(1920×1080)や2K(2560×1440)などよりも数値が大きく、より多くの点で画面を表示できるため、細部まで美しい画像や映像を表示することができます。

1画面に多くの情報を表示できる

また、4Kのモバイルモニターは、高い解像度を活かして1画面に多くの情報を同時に表示させることができるため、一目で大量の情報をインプットしながらの作業が捗ります

モバイルモニターは据え置きのモニターと比べると画面サイズが小さいため、多くの情報を表示すると文字が小さくなりすぎてしまいがちですが、大きめのサイズのモバイルモニターを選ぶことで読みづらさを緩和できます。

4Kモバイルモニターの選び方

続いて、4Kのモバイルモニターを選ぶ時のポイントを6つご紹介します。

画面サイズ:大画面は高解像度を活かしやすい

1つ目のポイントは、画面サイズです。

結論から申し上げますと、4Kの高解像度を活かすなら17.3インチ以上の大型モバイルモニターを選ぶのがおすすめです。画面サイズが大きい方が、美しく迫力ある映像を楽しめますし、多くの情報を表示させる場合にも文字が読みやすくなります。

ただし、外出先への持ち運びやすさを重視するのであれば、15.6インチ以下の軽量なモデルや、13.3インチ程度の小型なモデルも良いでしょう。

特に、モバイルモニターをノートPCと一緒に持ち運ぶ場合には荷物が重たくなりますので、持ち運び時の負担の軽減やカバンへの収納のしやすさの点から、13.3~15.6インチ程度のモバイルモニターも検討してみる価値があります。

接続方式:USB-Cが超便利、ゲーム機や旧式PCにはHDMI

2つ目のポイントは、PCとモバイルモニターの接続方式です。

PCとモバイルモニターの接続方式として現在多いのは、以下の2種類です。

USB-C

もしお持ちのノートPCがUSB-Cに対応しているようであれば、USB-Cによる接続ができるモバイルモニターが圧倒的におすすめです

変換ケーブルなどを使用せずに、ケーブル1本でPCからモバイルモニターに映像出力と電力を送ることができて大変便利です。

HDMI

一方で、USB-Cに対応していないノートPCや、デスクトップPC、PlayStation 5などのゲーム機との接続を予定されている場合には、HDMIによる接続に対応したモバイルモニターを選びましょう

モバイルモニター側の端子はMini HDMIやMicro HDMI端子となっている場合も多いですが、変換ケーブルを使用することで、PCやゲーム機側のHDMI端子に接続することができます。

タッチパネル:指やペンで直感的に操作できる

3つ目のポイントは、タッチパネル搭載の有無です。

出典:アイ・オー・データ公式HP

モバイルモニターの中には、タブレットのように指やペンを使った操作ができるタッチパネル搭載の製品があります。

タッチパネル搭載のモバイルモニターは、指で拡大・縮小をしながらの画像編集ができます。特にクリエイティブ系の作業をする場合には、直感的で自由度の高い操作が可能となります。

また、Surfaceシリーズなどのタッチ操作対応PCを普段から愛用している方は、モバイルモニターもタッチパネル搭載の製品を選んでおくと何かと便利です。

スタンド:角度調節できる自立型、持ち運びやすい保護ケース兼用型

4つ目のポイントは、モニターを立てかけるスタンドです。

モバイルモニターには主に2種類のスタンドがあり、それぞれメリットがあります。

自立型スタンド

出典:Dell公式HP

自立型スタンドは、モバイルモニター本体に付属しているスタンドです。スタンドの角度を変えて立てかけますので、自分の好きな角度で立てかけられるのが魅力です。

自宅や社内で使用する場合など、保護カバーをつけて持ち運ぶ機会が少ない方には、自立型スタンド付きのモバイルモニターがおすすめです!

保護ケース兼用型スタンド

出典:JAPANNEXT公式HP

保護ケース兼用型スタンドは、モバイルモニターに同梱されている保護ケースがスタンドにもなるタイプのものです。立てかける角度は自由に選べませんが、保護ケースを付けたままでも立てかけられるのが魅力です。

カフェや出張先に持参するなど、保護ケースをつけてカバンに入れて持ち運ぶような機会が多い方は、保護ケース兼用型スタンドが付属しているモバイルモニターがおすすめです!

パネルの種類:有機ELならワンランク上の美しさに

5つ目のポイントは、パネルの種類です。

パネルにはいくつかの種類がありますが、4Kのモバイルモニターのパネルとして採用されていることが多いのは、IPS液晶パネルと有機ELパネルの2種類です。

IPSパネル

IPS液晶パネルは、液晶パネルの中でも鮮やかな色表現を得意とするパネルであり、据え置き型モニターにも多く採用されています。普段の仕事から映像鑑賞まで幅広い用途に十分に使えて、価格も手ごろです

特に強いこだわりがないようでしたら、価格が手頃なIPS液晶パネルのモバイルモニターを選ぶと良いでしょう。

有機ELパネル

有機ELパネルは、IPSパネルよりも高性能です。黒色が鮮やかでコントラストの高いくっきりとした映像表現ができます。価格は高くなりますが、4Kの超高解像度の映像を文句なしの美しい画面で堪能できます

映像の美しさにこだわりたい方は、有機ELパネルのモバイルモニターを選ぶと、生活の質がアップするかもしれません!

ブランド:安心の日本ブランド、お手頃価格の中国ブランド

6つ目のポイントは、モニターのブランドです。

安定した品質や日本語によるサポートを優先するのであれば、日本ブランドのモバイルモニターを購入するのがおすすめです。現在4Kのモバイルモニターを展開している日本ブランドは少ないですが、JAPANNEXTという日本のモニターブランドが様々なサイズの4Kモバイルモニターを展開しています。

一方で、価格の手頃さにこだわるのであれば、中国系ブランドのモバイルモニターもおすすめです。安いだけに初期不良や故障のリスクは上がりますが、この記事では、安心してお選びいただけるよう、不具合が生じた際の交換対応などの評判の高いブランドを厳選しました。

標準サイズの4Kモバイルモニターのおすすめ

それでは、商品紹介に移ります!

まずは、モバイルモニターとしては標準サイズである15.6インチの4Kモバイルモニターのおすすめ製品をご紹介します。

15.6インチは見やすさ・持ち運びやすさのバランスが良く、価格もお手頃であるため、人気の定番サイズです。

はじめての一台におすすめ!| JAPANNEXT | JN-MD-IPS1561UHDR

価格: 39,000円前後(2024年5月時点)

日本のモニターブランドJAPANNEXTの「JN-MD-IPS1561UHDR」は、15.6インチの4Kモバイルモニターです。

安心の日本ブランドの製品であるほか、機能性の高いIPSパネルを搭載している点が特徴的です。画面のちらつきを抑えるフリッカーフリー機能、ブルーライト軽減機能、よりくっきりとした表現を可能とするHDRへの対応など、目への負担を抑えながら4Kの美しい映像を見ることができます

また、接続方式はUSB-CとHDMIも対応しているほか、スピーカーも内蔵されているため、ゲームや映画鑑賞もモニター1台で楽しむことができて便利です。

JAPANNEXT「JN-MD-IPS1561UHDR」は、日本ブランドの機能的な4Kモバイルモニターです。長時間の作業も遊びも楽しめる万能な4Kモバイルモニターとしてイチオシです!

製品名JN-MD-IPS1561UHDR
解像度4K(3840×2160)
パネル15.6インチ IPS(非光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
(応答速度: 30ms)
重量860g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

タッチパネル搭載| EHOMEWEI | E156DSR-4K

価格: 53,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドEHOMEWEIの「E156DSR-4K」は、15.6インチの4Kモバイルモニターです。

E156DSR-4Kは、タッチパネルを搭載している点が大きな特徴です。10点マルチタッチに対応しており、WindowsのPCやAppleのMacBookでも自由なタッチ操作が可能です。また、付属のスタイラスペンを使えば、手書きメモやイラストの作成もできます。

IPS液晶パネルのバックライトにはQLED(量子ドット)技術を採用しているため、色の再現性が高くてより明るく4K映像を表示できるのも魅力です

EHOMEWEI「E156DSR-4K」は、タッチパネル搭載が魅力の4Kモバイルモニターです。指やペンを使って直感的にPCを操作したい方におすすめです!

製品名E156DSR-4K
解像度4K(3840×2160)
パネル15.6インチ IPS
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量850g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド自立型
その他機能10点マルチタッチ対応
スタイラスペン対応(MPP方式)
スタイラスペン付属(MPP方式)

軽量で持ち運びやすい | kksmart | XL-1564K

価格: Amazonではタイムセールやクーポン適用で30,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドkksmartの「XL-1564K」は、15.6インチの4Kモバイルモニターです。

XL-1564Kの最大の特徴は軽量さです。重量は560gしかないため、持ち運びの負担を抑えることができます。また、スタンドにもなる保護カバーも付属しているため、カバンの中で傷つく心配もありません。

さらに、kksmartのモバイルモニターは価格が安いのも魅力的です。XL-1564Kについても、4Kのモバイルモニターでありながらも3万円前後で入手できるため、お財布にも優しいです

kksmart「XL-1564K」は、軽量さと手頃な価格が魅力的な4Kモバイルモニターです。コスパの高さを重視する方や、気軽に持ち運べる4Kモバイルモニターをお探しの方におすすめです!

製品名XL-1564K
解像度4K(3840×2160)
パネル15.6インチ IPS(ノングレア)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量560g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

大型の4Kモバイルモニターのおすすめ

続いて、4Kの高解像度を活かせる17~18インチの大型4Kモバイルモニターのおすすめ製品をご紹介します!

動画やゲームを美しく迫力ある映像で楽しみたい方や、多くの情報を表示した際にも文字を読みやすくしたい方におすすめです!

充実機能でおすすめ | JAPANNEXT | JN-MD-IPS173UHDR

価格:55,000円台後半(2024年5月時点)

日本のモニターブランドJAPANNEXTの「JN-MD-IPS173UHDR」は、17.3インチの大型4Kモバイルモニターです。

JN-MD-IPS173UHDRは、明るい部分や暗い部分をくっきりと表示できるHDRに対応しているため、より鮮やかに4K映像を楽しむことができます。また、画面のちらつき防止機能やブルーライト低減機能が搭載されているため、目への負担を抑えながら長時間作業できます。

さらに、一般的なモバイルモニターよりも高出力なステレオスピーカーが内蔵されているため、モニター1台で音付きの映像を鑑賞することもできます

JAPANNEXT「JN-MD-IPS173UHDR」は、日本ブランドの大型4Kモバイルモニターです。基本機能が一通り揃っており使い勝手がよく、悩んだら選んでおいて損のない1台です!

製品名JN-MD-IPS173UHDR
解像度4K(3840×2160)
パネル17.3インチ IPS(非光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
(応答速度: 27ms)
重量995g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

18.4インチの大画面 | UPERFECT | M184T01

created by Rinker
UPERFECT

価格: Amazonではタイムセールやクーポン適用で65,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドUPERFECTの「M184T01」は、18.4インチの大型4Kモバイルモニターです。

モバイルモニターとしては最大クラスの18.4インチのモニターであるため、4Kの高解像度を存分に活かしたい方におすすめです。映画やゲームなどの美しい映像を、迫力のある大きな画面で細部まで綺麗に楽しめます。

また、画面が大きい分、多くの情報を表示した際にも文字が小さくなりすぎず、快適に作業できます。モバイルモニター本体には自立スタンドも搭載されているため、お好みの角度に調整できます。

UPERFECT「M184T01」は、モバイルモニタ―の中でも特に大画面です。とにかく画面の大きさにこだわりたい方におすすめの4Kモバイルモニターです!

製品名M184T01
解像度4K(3840×2160)
パネル18.4インチ IPS(非光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量不明
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド自立型

お手頃価格 | MAGICRAVEN | P173A18BW-4K

価格: 53,000円台後半(2024年5月時点)

中国のモニターブランドMAGICRAVENの「P173A18BW-4K」は、17.3インチの大型4Kモバイルモニターです。

P173A18BW-4Kは、価格の手頃さが魅力的な4Kモバイルモニターです。Amazonのタイムセールやクーポン配布のタイミング次第では、4万円台で購入できてお手頃です

お手頃価格でありながらも、液晶パネルには、映像をより美しく表現するHDR機能やブルーライト低減機能も搭載されているなど、十分な機能が備わっています。

MAGICRAVEN「P173A18BW-4K」は、コストパフォーマンスの高さが魅力的な大型4Kモバイルモニターです。なるべく手頃な価格で大型の4Kモバイルモニターを入手したい方におすすめです!

製品名‎P173A18BW-4K
解像度4K(3840×2160)
パネル17.3インチ IPS
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量不明
インターフェースUSB-C x2
HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

小型の4Kモバイルモニターのおすすめ

続いて、コンパクトな13.3インチの4Kモバイルモニターのおすすめ製品をご紹介します!

13.3インチはモバイルノートPCと同等のサイズ感であり、カバンにも収納しやすいため、気軽に持ち運びたい方におすすめです。重量についても軽さを重視し、600g以下の製品を厳選しました!

安心の日本メーカー | JAPANNEXT | JN-MD-IPS1331UHDR

価格: 33,000円前後(2024年5月時点)

日本のモニターブランドJAPANNEXTの「JN-MD-IPS1331UHDR」は、13.3インチの小型4Kモバイルモニターです。

JN-MD-IPS1331UHDRには、非光沢のIPSパネルが採用されています。部屋の明かりなどが画面に映りこみにくいため、作業に集中しやすいです。また、画面のちらつきやブルーライトを抑える機能も搭載されており、ビジネス用途での使い勝手も良いです。

重量も500gと軽量であり、スタンドにもなる保護カバーも付属しているため、持ち運びやすさも間違いなしの1台です。

JAPANNEXT「JN-MD-IPS1331UHDR」は、日本ブランドの小型4Kモバイルモニターです。4Kのモニター環境を気軽に持ち運びたい方におすすめです!

製品名JN-MD-IPS1331UHDR
解像度4K(3840×2160)
パネル13.3インチ IPS(非光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
(応答速度: 30ms)
重量500g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

自立スタンド付き | UPERFECT | 133J02

価格: 25,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドUPERFECTの「133J02」は、13.3インチの小型4Kモバイルモニターです。

133J02は、光沢のあるIPSパネルを採用しているほか、くっきりとした映像を表現ができるHDRにも対応しているため、コンパクトながらも4Kの高解像度を鮮やかに楽しむことができます

また、モバイルモニター本体には0°~90°に自由に調整可能な折りたたみ式スタンドが搭載されているため、好きな場所に好きな角度でモニターを立てかけられるのも魅力です。

UPERFECT「133J02」は、自立型スタンド付きの小型4Kモバイルモニターです。美しい4K映像をどこでも手軽に楽しみたい方におすすめです!

製品名133J02
解像度4K(3840×2160)
パネル13.3インチ IPS(光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量545g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド自立型

450gと圧倒的に軽量 | MAGICRAVEN | M133A25

価格: Amazonではタイムセールやクーポン適用で21,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドMAGICRAVENの「M133A25」は、13.3インチの小型4Kモバイルモニターです。

M133A25は、これまで紹介した中では最軽量の450g!少しでも持ち運び時の重量を減らしたい方にぴったりの1台です。スタンドとして使える折りたたみ型の保護ケースも付属しており、カバンに収納した際にも安心です。

価格も2万円台前半で購入可能とお手頃なのも嬉しいポイントです。Amazonのタイムセールやクーポンによって22,000円前後になっている時が狙い目のタイミングです。

MAGICRAVEN「M133A25」は、コンパクトで軽量な4Kモバイルモニターです。1gでも軽いものをお探しの方におすすめです!

製品名M133A25
解像度4K(3840×2160)
パネル13.3インチ IPS
表示速度リフレッシュレート 60Hz
重量450g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

有機ELパネルの4Kモバイルモニターのおすすめ

続いて、有機ELパネルを採用した4Kモバイルモニターのおすすめ製品をご紹介します。

「せっかく4Kモニターを買うならパネルもワンランク上の高品質なものが良い!」とお考えの方は、ぜひこちらも検討してみてください。

バランスが良く買いやすい | MAGICRAVEN |M156E23D

価格: 63,000円前後(2024年5月時点)

中国のモニターブランドMAGICRAVENの「M156E23D」は、有機ELパネルを採用した4Kモバイルモニターです。

サイズは15.6インチと標準的であり、重量も656gと軽量であるため、自宅でも外出先でも高品質なパネルでの4K映像を気兼ねなく楽しめます。スタンドにもなる折り畳み式保護カバーも付属しており、安心して持ち運べます。

接続方式もUSB-C、Mini HDMIに対応しているため、最新ノートPCからゲーム機まで幅広い機器に接続することができます

MAGICRAVEN「M156E23D」は、有機ELパネルを採用した4Kモバイルモニターです。スタンダードな機能が揃っており、価格も他より安めであるため、有機ELパネルを試してみたい方にもおすすめです!

製品名‎M156E23D
解像度4K(3840×2160)
パネル15.6インチ 有機EL(非光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
(応答速度: 1ms)
重量656g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)

タッチパネル搭載の有機ELモデル | JAPANNEXT| ‎JN-MD-OLED156UHDR-T

価格: 57,000円前後(2024年5月時点)

日本のモニターメーカーJAPANNEXTの「‎JN-MD-OLED156UHDR-T」は、有機ELパネルを採用した4Kモバイルモニターです。

‎JN-MD-OLED156UHDR-Tの有機ELパネルは光沢があり、明暗をくっきりさせるHDRにも対応しているため、色鮮やかで美しい4K映像を満喫できます

また、10点マルチタッチに対応したタッチパネルも搭載されているため、スマートフォンやタブレットのような感覚で指でのタッチ操作でPCを操作できます

JAPANNEXT「‎JN-MD-OLED156UHDR-T」は、安心して購入できる日本メーカーの有機ELパネル採用4Kモバイルモニターです。タッチパネル搭載で直感的な操作もできる、高品質で贅沢な1台としておすすめです!

製品名JN-MD-OLED156UHDR-T
解像度4K(3840×2160)
パネル15.6インチ 有機EL(光沢)
表示速度リフレッシュレート 60Hz
(応答速度: 1ms)
重量900g
インターフェースUSB-C x2
Mini HDMI x1
スタンド分離型(保護ケース兼用)
その他機能10点マルチタッチ対応

以上で紹介を終わります。気になる4Kモバイルモニターがありましたら、ぜひ販売ページで詳細をチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました